読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Trance Shift 8 - Notes

クルマとバイクと温泉。ときどきDTM。

バイク用インカム B+COM SB5X

バイク ガジェット

先日の北海道ツーリングに備えて導入したB+COMのインカムさんの使い具合など。

バイクに乗り出してもうすぐ3年、これまでツーリングはインカムなしでやって来たんですが、今年の北海道ツーリングはソロではなく、3人でということでせっかくなので導入をしてみました。

なんせ長期の旅なので写真撮りたいから止まろう!みたいな提案とか、後ろから早いの来てるからちょっと端に寄ろう、とか安全面でも役に立つ場面は多いです。というか一度使ったらまず戻れませんね。

SB5Xを選ぶ理由

インカムといっても本当にピンキリでB+COMのものは最も高い部類です。単に通話するだけなら、安いものでもいいですが、ソロ時には音楽も聞きたいし、わたしの場合ツーリングを先導することが多いので、ナビの音声を聞きつつ通話できるというダブルBluetoothのモデルを探すと必然的にこれになりました。

Bluetoothの接続先はわたしの場合iPhone6でしたが、iPhoneだと完全に安定してるので不満が全くないです。でもAndroidの一部端末だと音声が切れたりサンプリングレートが変わったりちょっと不安定な部分もあるようでした。

製品クオリティも1つ35kぐらいする高級品なので作りは流石といったところです。スイッチ類も使いやすく、グローブでも楽々操作できます。ボリューム調整や、曲送りを頻繁にしますが操作も簡単なので迷いもないですね。

インカム性能

肝心のインカム性能は、文句ないです。走っていても80km/hあたりまでなら、音声がクリアに聞こえます。ただ100km/hぐらいになるとヘルメットにもよりますが風切り音がすごいので、ちょいと大声で話すなどの工夫が必要です。マイクはヘルメットがフルフェイスなのでケーブルタイプのものを使ってます。

接続設定は慣れればすぐできますし、3人なら設定も簡単です。ただ、4人とかになるとちょっと面倒かもしれません。(今のところ3人まででしか使用していません)

場所により不安定になるのか繋がりにくいときもありますが、一度つながればまず切れることはないという印象でした。ちなみに繋がりにくい場合はとりあえず走り出しておいて、走行中に呼び出す、みたいな感じでやってました。

ちなみにバッテリーは丸一日走っても余裕です。1日7時間ぐらいの走行であれば2日は持つと思います。モバイルバッテリーで充電もできるので、夜は充電しておくのが良さそうですね。

ちなみにBluetoothが一本でいいならこっちも。

インカムは使ってみないとありがたみを感じないですが、一度つながれ使い始めたら本当に手放せなく一品です。仲間内でのツーリングが多いなら確実に揃えるのが吉ですね。(全員メーカー合わせないとですが)