Trance Shift 8 - Notes

クルマとバイクと温泉。ときどきDTM。

赤城星景 with Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA

おや?

昨年も行った赤城山にこないだ買ったA7IIの高感度テストも兼ねてサクサクと。生憎の曇り空で良い絵は撮れなかったんですが、ひと通り遊んでみたのでメモ書き。今A7IIのレンズはSEL55F18ZとSEL1018しかないんですが、SEL1018は使いドコロが非常に限定されるので実質これ1本みたいな感じです。(SEL1018は近いうちにリプレース予定)

星天は周辺減光があるので少し絞ったほうが良い

普通にスナップで撮影するにはさほど問題になることはないんですが、しっかり風景狙うとか星天狙う場合には周辺減光があると結構目立ちます。明るいからF1.8開放でいいなーと思って撮ってたんですが1段ぐらい絞って(F2.8)あげたほうが星天にはいいかもですね。

これとかは F2.0 なんですが、周辺減光をあとから Lightroom でガッツリ補正してます。星景や星天の場合、RAWで撮っておいて後からコントラストカーブの補正ガッツリやる場合が多いので僅かな周辺減光を増幅させることになるみたいな。

なお解像度はF1.8からはっきりいって申し分ないです。周囲が流れることもまずないですし、ピントさえあってればビシッと改造しちゃうので。この日も肉眼じゃこんなに星見えなかったですけど綺麗にうつってますしね。

星景ならお好きな感じで!

画角が55mmってこともあって非常に絵が作りやすいです。オリオン座とかは(傾ければ)まるまる入りますし、ソフトフィルター(今回忘れた)があれば綺麗な絵が出ると思います。星景なら上で上げたような周辺減光が味になることもあるので、お好きな絞りでいいのかなーという感じ。

この日はクルマで上に上がった1時間ぐらいちょっとだけ雲の切れ間があったぐらいで晴れ間はほとんどなかったです。しかも月がばばんと出てたので長時間露光はつらい、みたいな状況で…

というわけで曲の制作とかが落ち着いたら、また天気がいい日にみずがき湖あたりに撮影にいきますかねーという感じ。