読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Trance Shift 8 - Notes

クルマとバイクと温泉。ときどきDTM。

2014年 北海道ツーリング 9days #6

5日目の続きです。6日目は大雪山のあたりに行こうと思ってたんですが天気が大荒れなので変更して、摩周湖のあたりへ楽しいツーリングです。

湧別 → サロマ湖屈斜路湖摩周湖 → 釧路

この日は夜から雨ということで釧路にホテルを取り、あとは観光しつつツーリングとあうルート。とにかく雨に降られたくなかったので、リアルタイムで雨の情報をチェックしつつ慎重に。

サロマ湖から屈斜路湖

朝まで曇りだったんですが出発する頃にはちょっと晴れ間が。ツーリング日和ですね。

キャンプ場の目覚めは早い。

出撃

湧別からサロマ湖はすぐそこなので、とりあえずサロマ湖へ。なんかあるかなーと思って道の駅に寄りましたがサロマ湖は見えないしイマイチ。お土産を物色してすぐに南下しました。

釧路に行くなら色々寄って行こうということで屈斜路湖を目指してR243を美幌峠へ。途中、美幌温泉でゆっくり。美幌温泉で撮った写真ですが旅してると荷台がこうなるのはもはや...

旅感 (荷台で洗濯物を干す)

美幌峠から屈斜路湖のあたりはかなり霧がかっていて、観光でちょろっと寄りましたが写真はあんまりでした。途中屈斜路湖を降りていると道路脇をキタキツネさんがてこてこ歩いてたのに癒されつつ、屈斜路湖からは摩周湖へ。

屈斜路湖は晴れてる時にまた来たいですね。

摩周湖

北海道ツーリングの定番、摩周湖。霧が晴れると婚期が遅れるといいますが果たして。ちなみにこのあたりに神の子池あるんですが、うっかり通り過ぎました。これはまた来年だ。

さて、摩周湖までは結構な山道を登らないといけないんですが(普通にいけるもんだと思ってた)、山道を登るにつれどんどん気温が低下して、かなり寒かったです。晴れてれば最高のツーリングルートになるような道ですが、この日は曇で上の方は完全に霧。

というわけで摩周湖は無事(?)霧がかかってたんですが、展望台に登ってみるとおや?

ちょろっと晴れてる。底が見えてる。ほんの一瞬だけですぐにまた霧になっちゃったんですが、これが意味するのは一体...ちなみに摩周湖は観光地なので、バイクだとかなりの人に話しかけられました。珍しくはないと思うんですが、どこから来たのみたいな質問は結構な人がしてきますね。

最後の旗

摩周湖を見終わると時刻はもう15時、ということでそこからは釧路まで走り抜けるルート。

途中のガソスタで最後のグリーンフラッグ(道東)を入手し、湿原の街釧路へ。この日は天気予報を入念にチェックしつつの走行だったのですが、釧路に入る頃には完全に雨天。

雨天でキャンプする元気はないのでこの日も宿を取ることに。宿の駐車場が土面でちと怖かったですが、スタンドをひいてなんとか。それにしてもキャンプの次の日のお布団感は快適です。疲れも取れますね。

うまいのかこれ?

これは完全にジュースでした。

ちなみに私の場合レイングローブを持っていないので、冬用のゴアテックスグローブを代わりに使ったんですが、夏ではないのでちょうど良かったぐらいでした。あったかですしね。

7日目に続きます。