読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Trance Shift 8 - Notes

クルマとバイクと温泉。ときどきDTM。

2014年 北海道ツーリング 9days #1

ツーリング バイク

速報版でお届けした北海道ツーの模様を記録に残していきます。結構長旅だったもので、詳細に書くとものすごく時間を消費してしまうので要所要所カットしてお送りしようと思いますよ。

1日目 相模原 → 大洗 → フェリー泊

1日目は家を昼過ぎに出て、茨城県の大洗港へ。大洗港からフェリー、さんふらわあ ふらの号で苫小牧へ向かうルートです。家から大洗港までは180kmぐらいと実は結構あります。

移動はゆったり

速報版にも記述してある通り、今回の北海道ツーリングは8泊9日。うちフェリー2泊なので、実質北海道を満喫できるのは6泊7日。初日は移動日ということで、お昼過ぎに家を出発して、水戸の大洗港へ。

首都高を経由するいつものルートですが、いつもよりかなりのんびり走り。北海道に合わせてバイクも、ヘヴィウェイトバランサー、ゲルザブ、ピボットレバー、スロットルロッカーなど改良したので速度域が低めだと更に快適ということもあり。

荷物が重い

今回はいつものキャンプと違って、荷物が多め。写真見てもらえればわかりますが満載です。この時は乗車乗船直前だったので荷物の後ろにお茶のペットボトルが挟まっちゃってますが (生活感...)

実際、6泊のうち、4泊をキャンプにしたぐらいですから、キャンプ道具は結構かさばります。また、北海道やっぱり寒いので着替えもかなり。加えて、Ninja 250は荷物を乗せるバイクじゃないのでどうしても荷物を減らす必要があり、今回はいつも二つ持っていくバーナーも一つに絞ったり、タンクバッグも4Lで使うところを拡張全開の8Lで使ったり、タープを諦めたり工夫。なんとかいつものキャンプ+αぐらいの荷物に抑えましたが、結構発進は重いです。

そんなわけでこの日に限らず今回はいつもよりかなりゆっくりゆったりツーリングという感じでした。まぁ北海道の道なんか見てしまうと飛ばそうって気にさえならないですけどね...

出航

でかい

だいたい15時には大洗港に到着して受付。18:30出航なんですが、16:40頃には乗船して出航する時にはもうお風呂に入ってた、ぐらいなもんでした。

シーズン終わりですが北海道ツーだろうな、というお兄ちゃん(おじさんのが多い)達のバイクはだいたい40台ぐらいで思ったよりは少ないかな?という印象。

結構バイクよりクルマで北海道回るって人が多いらしく、ターミナルでお話ししたおじさんもワンちゃん連れて回るんですよー、みたいな話をしてました。

Port Oarai

出航が夕方なので夕暮れを見ながらの出航ということになり、気分は高揚でした。旅行くんだな、という。帰りの便の出航はこれより更に良かったんですが、それはまた後で書きましょうかね。

フェリーの様子

月夜

フェリーはそこそこ広めでお風呂もあるし、甲板にも出れるし、自販機は地上と変わらない値段で、食堂は結構リーズナブルです。(夜と朝セットで1900円とか)

海岸沿い走ってるせいで電波はそれなりに拾いますが、客室だとダメ。今回はカジュアルルームという、雑魚寝より1ランク上の二段ベッドな客室にしたんですが、船内中央にあるので電波は圏外です。とはいえ、甲板に出ればだいたい通信できちゃうので問題は特に。

良い子はこんなことしちゃいけません。

二日目に続きます。