Trance Shift 8 - Notes

クルマとバイクと温泉。ときどきDTM。

竜飛岬に行ってきた #4

DSC01190

前回からの続き。このシリーズも4回目ですね。今回は秋田〜青森ですよ。

秋田市で一泊

とかいう理由で秋田市までやってきて一泊したわけですが、夜は出かけてご飯を食べる気もなかったので軽くだけコンビニでおつまみだけ。2日目は結構走ったということもあり、それなりに疲れてはいたので、NHKを見ながらのんびりしていたんですが、知人から秋田にいるなら飲もうぜー!とお声がかかり「ちょっとだけなら」とふらふらお出かけしたのでした。ちなみに時間は夜の23時。

というわけで知る人ぞ知るらしいお店にレッツゴーしたわけですが、秋田唯一のアニメバーだそうで。アニメはスゲー詳しいわけじゃないですが、ちょろっとは知っているのでお話しつつ、どういうわけか2時間程軽く飲んでしまって!もはや昨晩はお楽しみでしたね状態でした。

八郎潟

そんなわけで3日目は青森を目指しますが、朝起きたらもう結構いい時間で、テレビをつけたら

なぜかバイク特集をやっていたので朝から元気になりましたが、そのまま朝食を食べて八郎潟を目指しました。

DSC01195

秋田市から八郎潟は結構近いのですが、ライダーには有名なスポットなので是非ここもバイクで来たい場所の1つですね。

経緯度公会点と桜並木

DSC01199

八郎潟にはいくつか見どころがあるのですが、そのうちの1つがこれ。経度と緯度の小数点以下がすべて0になる日本唯一の陸上ポイントがここなんですね。

GPSロガーの写真をとっておくのを忘れていましたが、

この通り、40.00, 140.00なのです。

周りは完全に田んぼですし、道もダートなので非常にクルマが汚れてしまいましたが、ここは是非リベンジしたいポイントですね。今度ことGPSロガーに表示されている経度、緯度に0がならんでいる写真を取りたいです。

DSC01222

八郎潟には他にも魅力があって、こちらは桜並木です。本州でも珍しい、直線道路に桜がびっしり植えてあってとても綺麗でしたよ。

能代からR101で青森へ

せっかくの秋田、もう少し堪能していきたかったところですが、目的地がありますので、急がねばなりません。日が暮れるまでに竜飛岬に到着しないと、距離が距離だけに最悪、家に帰れませんからね!

DSC01236

八郎潟からはR101で白神山地をぐるっと迂回しつつ日本海沿いに青森を目指して走行。R101はとても良い道です。雨ですごいことになってましたが。

GO!!!

こんなトラップもありましたけど、とても快適なドライブでした。クルマもほとんど走行してませんし、道もしっかり快走路なので。あとは天気が晴れだったら良かったんですけどね。それだけにバイクで来る時は晴れの日に着たいところです。

そんなわけでまだ続きますよ。次は青森編です。