Trance Shift 8 - Notes

クルマとバイクと温泉。ときどきDTM。

竜飛岬に行ってきた #2

前回の続きです。どんどん書いて行かないと時間経っちゃいますからね。書きますよ。

東北といえばコイツ?

雪の残る新潟

朝目が覚めたらとても寒くて、車のエアコンを全開に。気温は6度となっているんですが、外は雪がまだ残っているし寒いものは寒いのです。ちなみに車中泊装備は常備してあるシュラフ(1500円)とニトリの毛布だけなのでちょっと心もとなかったでですね。(記事を書いてる今はモンベルさんのシュラフがあるので無敵感ありますが)

そんなわけでこの日はまず新潟を目指したのでありました。

行き先を決めない旅

しかし新潟まで来たものの、行き先が決まってなかったのです。(竜飛岬まで行ったのは確かですが当初から行く予定はなかった) しかし朝ごはんも食べてなかったことからまずは新潟のドトールに入って、車もガソリンを給油。

このまま変えるのもなんだし、新潟といえば水曜どうでしょうの原付東日本編で通った道があるじゃないかということで、海岸沿いを北上して見ることに。全く下調べなんぞしてない状態で出発したので道が全然わからなかったですが、そこはさすがのツーリングマップル。バイク用の地図ですが、「この道は走ると気持ちいい」的なルートがびっしり書かれているのでまんまとそれに乗っかります。

新潟から東北を目指して日本海沿いを北上するには、R113、R357、R7と経由していくルートです。まずはR113ということで新潟からはR7バイパスを経由して、R113を目指すことに。

らしいですよ。

途中、道の駅豊栄によりましたが、ここはなんでも道の駅発祥の地らしくて記念碑がたってました。そんなこと全然知らなかったですが。他には裏にダチョウがいたりと野生臭の漂う道の駅でしたね。

R113と塩の湯

そして、R113を北上。R113は大変気持ちのよい快走路だったりするのですが、その途中に塩の湯という温泉があります。

ちなみにこの通り割りとリーズナブルですが、石鹸等はないので注意。お湯は塩化泉でしたが、体の芯から温まる感じで車中泊でバキバキになった体が程よくほぐされた感じでした。

一方R113はこんな感じの道路です。途中パノラマ写真もとってみましたよ。

IMG_3367

IMG_3361

生憎と曇りでしたが、夏にバイクで来るととても気持ちよさそうでした。海沿いなので虫も凄そうですが。

続きますよ。